ねこのつれづれ

猫と暮らす日々の雑感

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還らぬもの 2

エマの食べる量が減り 痩せてしまい
夫がまた必死に給餌を始めた

病院へ行き その帰り
ぼんちゃんの保護主さんがエマの姉妹を預かってくれた
このコ達でさえまだまだ手がかかるのに
私達がエマに専念できるようにと

病院では ここまで一匹も死なせずによく頑張ったねと

二匹を置いていくとき エマにお別れをさせようとしてやめた
今生の別れみたいにはしたくないし
二匹がまだもらわれないうちにエマも元気になればまた一緒にいられるし
という希望のようなものを捨てたくなかったからだけれど
その一方で このコはウチの子になるんだろうな
なんてウキウキと愚かな期待もしていた
少なくとも二匹は一緒にもらってもらえることを疑いもしていなかった
手放さなければならないのだからあまり情が移らないようにと思っていたのに





なんで死なせてしまったんだろうと思うと情けなくて仕方がない





泣いても叫んでも 私の寿命と引き換えにしてほしいと神様に祈っても
エマの短い手足はやけに長くまっすぐ伸びていて
体の中から何か大事なものが抜けてしまったように見えた
すがる思いで深夜の病院に駆け込んだけれど 何の為す術もなく

それでもまだエマの体は温かかった
それは単に私が抱いているからだと認めたくなかった

夫と二人 ボロボロ泣きじゃくりながら帰ってきた

小さな木箱にエマを横たえ
お花の代わりに手揉み茶と
夫と私の髪を一房ずつ入れ
そしてポワポワだったエマの毛を少しもらった



魂を半分持っていかれてしまったようで
虚ろな日々が過ぎていった
お世話になった方々への報告とエマを荼毘に付す手続きはすべて夫がしてくれた
私はといえば、プログラムされたルーティンワークだけを
淡々とこなす人形と化していて
あとはただただ泣いてばかりだった
嗚咽ってこういうものなのだと初めて知った
夫の方が辛かっただろうに



私たちの住む自治体は 家のコもノラのコも荼毘に付してくれる
飼い主のいない猫に対する対応はまるっきりだけれど
まぶたを腫らして涙でぐちゃぐちゃの顔の二人に係の人は優しかった
命に直に接する人だからだろうか
いや 全く違う人達もいる

おチビはいっちょまえに自分だけで荼毘に付してもらい
それでもチビ過ぎてあまり残らなかった小さい小さい骨を二人で拾った

お墓は作らなかった
いつか猫たちが皆逝ってしまい 私が最後になったら
夫と猫たちを一緒にする
もし私が先ならば私と一緒にと頼んである
だからエマのお骨は今も家にある
もし万が一猫たちがいたずらしてひっくり返すようなことがあっても
それはそれでそういうものだから怒らずにいようねと話してある
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。