ねこのつれづれ

猫と暮らす日々の雑感

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てられないもの

あんちゃんの寝ていた場所に落ちていたヒゲ。
先っちょは細くて柔らかいのに、根元はツンツンで固い。
すごいレア!と思って大事に保存。
夫と2人でホクホク気分。
あんちゃんにはメロメロな私達。

それから、爪研ぎした後に落ちていた爪。
そして切った爪。
初めて見て嬉しくて。

それから歯。
あんちゃんには牙以外の歯がほとんどありませんでした。
「このコはどうして歯がないの?」と初めてのお医者さんには聞かれてしまいました。
歯石がひどくて、あごやら歯茎やらの状態も悪そうでした。
このお医者さんは歯石の除去に消極的だったのでしばらくそのままになってしまいました。
かなり深刻な状態になり、Kちゃんと一緒に今のお医者さんで相談しました。
そして手術になり、抜歯もしました。
受け取った歯はあまりにちっぽけで小さくて涙が出ちゃいました。
小さい頃の栄養状態が悪かったのだろうということと
実はもっと年がいっているのではないかということでした。
「Sちゃんが人間の言葉を話せたら、何時間かけても言い尽くせないほどの話が出てくるんだろうね」
と涙目の私にお医者さんは言ってくれました。

つぶよの歯も一本だけあります。
歯が抜け変わってからのコだけでなく、乳歯のコたちも我が家にやってきましたが、
そろそろ生えかわるなと楽しみにしていても、気がつくともうなくなっているということばかり。
ある日ご飯の後、お皿の横につぶよの歯を見つけてときめいたのは言うまでもありません。

実はその他に、かさぶたも集めていました。
あんちゃんをなでているとゴリゴリボツボツ。
よくみるとかさぶたになっていて、毛繕いのときに体毛ごと苗のように落ちているのです。
家で暮らすようになり、ノミの駆除をしたらかさぶたはなくなりました。

どれもあんちゃんの苦労して生きてきた証だと思うととても捨てようなどとは思えず。
「とっておけばいつか、あんちゃんのクローンが作れるかもよ」なんて夫と話していました。

けれどこの宝物、見た目がかなりまずいのです。
他の人に見られたらなんと思われるやら。

ということで集めるのはやめました。
ヒゲは色も長さも固さもいろいろなのが落ちているので今でもときめきます。
これは誰のかなんて当てっこすることもあります。

ブラッシングした後の毛をそれぞれで丸めて並べて飾ったりもしました。
猫じゃらし並に猫たちのいいおもちゃで、あっという間に・・・。
箱に入れてあったぼんちゃんとあんちゃんのだけは今でも残してあります。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。