ねこのつれづれ

猫と暮らす日々の雑感

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコ度

忙しくて、家には寝に帰るような日が何日か続きました。
くっつきそうな目で布団に入って手や足を伸ばすと、猫の感触。
枕元にはあんちゃん。
そして、ときに押入から直下型ぼんちゃんが降臨。

猫たちも寂しがっているのかな。
早く帰って、あんちゃん達にまふまふしたいなぁ。
気づくとそんなことばかり考えて・・・。
「猫が足りないねぇ・・・。」
「ネコ度が低いねぇ・・・。」
などと夫とボヤいていたのですが、
さらに、二人で数日家を空けることにもなっていました。

留守中の猫たちは、猫友のCPちゃんが
毎日世話をしに来てくれることになりました。
MMちゃんも何かあれば連絡するようにとCPちゃんに言ってくれていたので、
猫たちは大丈夫そうです。
朝早く出かけるので、1匹1匹じっくり抱っこする間もなく、
未練タラタラで出発しました。

CPちゃんは毎日、猫たちの様子を写真付きでメールしてくれました。
でも、もう初日から寂しくて眠れません。
誰の鳴き声もしないし、手足を伸ばしても寝返りを打っても
誰にもぶつからない。
それが、快適じゃないんです。
静かすぎて寂しすぎて眠れないのです。
何度もCPちゃんが送ってくれた写真を見ました。
「ついに、『ネコ度が低い』じゃなくて、ゼロになっちゃったね」
と夫と空笑い。
(夫は、表面上は変わりなく振る舞っていましたが、そんなのお見通しです)

出先、訪問先で猫を見かける度、寂しさが和らぎました。
同時になお一層、ウチの猫たち・馴染みの猫たちに
会いたくなりました。
帰りは、ひどい渋滞を抜けて、家が近づいてきたら、
「あんちゃ~ん!」
と叫んでしまいました。

ドアを開けると、あんちゃんが
「にゃぁ?」とお出迎え。
あとは、猫たちの大合唱。
その日のご飯は終わっていたけれど、ちょっとサービスして。
クタクタのぼろ雑巾だったので、あっという間に夢の中へ・・・。

今は順調に、ネコ度回復中です。

帰ってきてから、ぼんちゃんの故郷へCPちゃんとドライブ。
CPちゃん自身が猫飼いなのに、ぼんちゃんの故郷へ行ってもウチへ来ても
猫と遊んだりお世話したりを楽しんでしているのがわかります。
CPちゃん、いつも猫を可愛がってくれてありがとう。

実は、時期は違いますが、CPちゃん・MMちゃんとは同じ教習所仲間でもあります。
二人とも、友達連れで、あるいは一人で颯爽とあちこち走っているようです。
他人様の世話にはできるだけなりたくないけど、引っ込み思案な私は、
決死の覚悟で免許を取りに行きました。
(年寄りの冷や水とも言います)
決して恩に着せることなく、今まで車を出してくれたOちゃん、Uちゃんのおかげで
「自分でも運転できたら楽しいかも」と思ったからです。
たいしたことではないけれど、少しだけ背伸びして、自分でできることが増えました。
頑張ってる女の子/女の人たちを見ていると、とても励みになります。
自分自身は、日々是精進です。

今回の宿泊先は、以前に猫連れでお世話になったところだったのですが、
(あんちゃんとぼんちゃん)
ウチの猫のことを覚えていて下さって、
「私も猫、飼いたいんですよ」
という話になりました。
「庭先にかわいいコがいるな、どこのコかな」
と私たちが思っていたコがいたのですが、そのコを家猫に狙っているとのこと。
ご近所のリサーチも進んでいて、飼い主さんはいないそうです。
良縁をお祈りして、焼きカツオとシーバをプレゼントして帰ってきました。
おやつ、もらえてるといいな。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。