ねこのつれづれ

猫と暮らす日々の雑感

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題名が思いつかない

猫を捨てたあなた
私はあなたを恨みます

寒くて震えていましたよ
雨に濡れそぼっていましたよ
見知らぬ場所に置き去りにされて怯えていましたよ
やっとありついたご飯にむしゃぶりついていましたよ

猫を捨てたあなた
このコたちはかわいかったですか?
どうしても飼えなくて泣く泣く手放したのですか?
このコたちのお母さんはどうしましたか?

確かに
警察に届けられるより
保健所に連れていかれるより
川に流されるより
生き延びる可能性はある
優しい手に辿り着く可能性はある

でも
震えて鳴いていましたよ

これが我が身に起こった不幸だったらどうしよう
こんな風にわけもわからず取り残されたら
震える猫を目の前にして
そんな情けないことを考えてしまう

猫を捨てたあなた
私はあなたを恨みます
あなたのせいで自分の小ささに気づいてしまう
手を差し伸べたいのに力が足りない
あなたのせいで自分の無力さを思い知らされる

   * * * * * * *

旅行に行くから
もう飽きたから
新しいのが欲しいから
思い通りにならないから

そんな人たちには
必ずこの因果が巡りますように
自分たちが社会的弱者になることはないと高を括って
弱い立場の相手を慮ることのない人たち

   * * * * * * *

猫を、小さな生き物を轢いたあなた
私はあなたも恨みます

きっと轢きたくて轢いたのではないのでしょう
だったらなおさら
この世にあるのは人間だけではないということを忘れないで下さい

ある日 あなたの大切な人が帰って来なかったら?
道路の端で 誰にも振り返られることなく
冷たい骸になっていたら?
もしそれが自分だったら?

人間だったらそんなことにはならない?
仮にそんなことになっても
救急車を呼んでもらえるし
警察も来てくれる?
飛び出してくるのが悪い?
そこにいるのが悪い?

自分の命と尊厳を大切にするのなら
他者の命と尊厳も同じように
あるいはそれ以上に
大切にして敬意を払いませんか

自分の命と尊厳は大切ではありませんか
それとも
自分の命と尊厳だけが大切ですか

私たちは生きていくために 他の生き物の命を戴いている
だからこそ大切に生きなくては
そして無用な殺生をやめなくては

必死に生きている命への愛しさを時には思い出しませんか
この世で生あるものが自分だけだったら
どれほど寂しいことでしょう

   * * * * * * *

揚げ足を取るだけの人
常に高みから他人を批判するだけの人
あなたはいつも正しく 権利意識も高い人なのでしょう
あなたの心に届く言葉は見つかりません
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。